Iラインの脱毛はどこまですればいい?

最近ではvioの脱毛をする方が増えましたね。
vioは形にも流行や人気があるそうで、逆三角形やオーバル、また人によってはハート型や星型にするなんていうこともあるようです。

 

一番人気があるのはやはり形を整える程度に見える逆三角形のようですが、では、Iラインについてはどうなんでしょう?
Iラインはどういう範囲でどういう脱毛をすればいいのでしょうか?

 

Iラインのむだ毛が生えている部位は、ひとによってことなりますが、なかには粘膜部分にもむだ毛が生えているという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、この粘膜部分は脱毛サロンで脱毛することはできません。

 

ではどこまで脱毛したらいいのか?
選択肢としては、Iラインは全部脱毛するか、もしくは少しだけ残す形にするかです。

 

すっきりしたい人はIラインを全部脱毛する

生理中の匂いは、アンダーヘアが原因となっていますが、とくにIラインに生えているむだ毛に雑菌や経血などが付着し、それが蒸れることで雑菌が繁殖して匂いの原因となっています。
Iラインのむだ毛を全てなくしてしまうことで通気性がよくなりムレもなくなりますので、すっきり快適になります。

 

ナチュラルにみせたいならIラインは少しだけ残す

実はIラインは、意外と前からも少し見えます
Iラインを全部脱毛するとすっきりはしますが、前からみたときにVラインの下の部分がつるつるなのが少し見えてしまうことになります。

 

普段はいいですが、温泉に行ったときなどなんだかその部分が恥ずかしい気もしますよね。

 

そこで、ナチュラルにみせるために、Iラインを少しだけ残すのがおすすめです。
Vラインの幅から徐々にIラインにかけて細くなって、Iラインの前3分の1程度でなくなるようなデザインにしておけば、仕上がりも自然でかつIラインも適度にすっきりします。

 

Iラインをどうするかはその人の好み次第です。
ただし、脱毛してむだ毛がなくなってしまってから「やっぱり少し残しておきたい!」といってもむだ毛を戻すことはできませんので、まだ悩んでいるという方は、とりあえず少し残す方向にしておいたほうがいいでしょう